ホームへ
採用情報 社員教育制度 サイトマップ お問合せ
安心・安全なお米を沖縄の食卓へ[沖縄食糧株式会社]
商品案内 お米資料館 玄米・雑穀コーナー キャンペーン CMギャラリー 食育活動 Q&A 会社案内
お米資料館
 

お米ができるまで?

お米が出来るまで

お米ができるまでには約6ヶ月〜7ヶ月の月日を要します。4月にタネまきを始め苗を育成し、5月に育成された苗を植え付けて(田植え)、5月〜8月にかけて植え付けられた苗(穂)に付着する病原菌、病害虫等の防除剤を散布します。
8月になると出穂期(穂が出て花が開く頃)になり、9月〜10月にかけて充分に実った稲穂を刈り取り→乾燥→脱穀→もみすりを経て精米工場に届きます。

1.田をたがやす
2.たねまき(4月)
3.田植え(5月)
3.害虫防除(5月〜8月)
4.出穂期【しゅっすいき】(8月)
5.成熟期(9月〜10月)
6.刈り取り、乾燥、脱穀、もみすり(9月〜10月)
7.精米工場(10月〜11月)
8.お米店
9.皆様

おいしいご飯の炊き方!

1.炊飯器の汚れがないかチェックする。
 炊飯器の汚れ、洗い残しがあると、衛生的に問題があり茶米菌の繁殖を招きご飯の炊きあがりに変色、異臭が発生します。
台所の清掃、調理者の清潔さにも注意して下さい。調理者が肉類、魚類の汁が手についた状態で米に触れると雑菌が進入しこれを冷蔵庫に入れ翌日炊くと茶米菌が繁殖してご飯の炊きあがりに変色、異臭が発生します。


2.お米の量を正確に計る。

 いつもお米の量を一定に計っているつもりでも、炊飯のたびに米の量に増減があったのでは、炊飯の度に炊き上がりが違います。そこで計量カップ1杯の量を統一してお米の量を正確に計りましょう。
米の量は、ご飯の炊き上がりが炊飯器の炊飯能力の7〜8割ぐらいの量が良いでしょう。


3.お米の洗い方

1.炊飯器の内釜は、テフロン加工で丈夫ですが米との摩擦でテフロンが剥がれ落ちる事がありますので、別の清潔なボールに計量した米を入れ、水をたっぷりと加え、かるくかき混ぜ、濁り水を捨てて下さい。米に付着している、米の粉(白ぬか)などを洗い流すためです。
2.手のひらで手前から奥に軽く押すように、米どうしをよく摩擦させ素早く研ぎ上げ、米の表面の糠層を削り取り水の吸収を良くします。研ぐ時間は目安として2〜3分前後で良いでしょう。
3.研ぎ終えたら素早く3〜4回洗い流して下さい。その後で、炊飯釜に洗った米を移します。


4.水加減

 水の量は米の計量カップ1杯に対して電気炊飯器では、1.2杯、ガス炊飯器では1.3杯を目安にして下さい。新米時には、水の量をそれぞれ、1.1杯、1.2杯にして下さい。又、炊飯釜のマス目を利用する際は、釜を水平な台の上に置き左右のマス 目が同じ水位を示しているか確認して下さい。
水の分量は、米の分量と同じくご飯の炊き上がりを左右する大事なポイントです。


5.浸漬時間
 
水の浸漬時間は、1〜2時間を確保しましょう。最低でも30分は浸漬して下さい。


6.炊飯前

  電気炊飯器
 炊飯釜を、炊飯器にセットする前に釜の周りについている水を乾いたタオルで拭き取ってください。炊飯器の電源は冷蔵庫、クーラー、電子レンジ等の大型電化製品と同じ電源を使用しないで下さい。
大型電化製品と同じ電源を使用すると、電圧降下により炊飯器に十分な電源がまかなえないために、熱量が不足してかたいご飯が炊き上がります。

  ガス炊飯器

 炊飯釜を、炊飯器にセットする前に釜の周りについている水を乾いたタオルで拭き取ってください。バーナー部の目づまりがないか確認して下さい。バーナー部の目づまりは、熱量不足により、硬いご飯の原因になります。


7.蒸らし
 蒸らし機能のない炊飯器の場合、保温の状態で15分蒸らしを行います。15分以上の蒸らしを行うと、蒸発した水分が溜まり、ご飯の上に落ち、ご飯の光沢(艶)がなくベトつきますので注意して下さい。


8.ほぐし
 炊き上がったご飯に、切るようにしゃもじを差込み、上下をよく返すように混ぜる。混ぜた後は、固く絞ったぬれ布巾を蓋と釜の間にひき、蒸気の水分がご飯の上に落ちないようにします。

参考資料

  
  米一合は約150グラム   米一升は約1.5キログラム   米一合は330グラムのご飯になります。   米一升は3.3キログラムのご飯になります。   米はご飯にすると重量で2.2倍、目方(容積)で2.5倍になります。   弁当では少なめでご飯150グラム(生米68グラム)多めでご飯250グラム(米114グラム)



お米は健康食品!「ごはんをもっと食べよう」

 
 1.ごはん食を推進していると聞きましたが

 当病院に検診に来られる肥満の方に食事の量をお聞きすると、ほとんどの方が朝食を抜いたりごはん(主食)の量を減らしたりしており、脂質の多いおかず(副食)は減らさずむしろ増えています。肥満はおかずに含まれる脂質が主な原因ですので、もっとごはんを食べておかずを減らすよう指導しております。
 2.沖縄の肥満の割合が男女とも平成12年度から5年連続で全国1位であるが

 食文化の欧米化が原因です。
食事の総カロリーに占める脂肪の摂取量が25%以上になると内臓脂肪の蓄積が始まり肥満となります。
沖縄県県民栄養調査による脂肪摂取量は昭和47年で、既に25%に達し平成15年度には28.4%となっており、男性の15歳〜19歳、女性の15歳〜19歳と30歳〜39歳では30%を越えております。


 3.肥満防止におけるごはんの役割は

 ごはん(主食)を少なくして食事をすると、容量依存症になり胃袋いっぱい詰め込まないと満腹感が得られなくなり、脂質の多いおかずの量が増え肥満につながります。ごはん(主食)を適量(ごはん茶碗の1杯から2杯)食べると消化吸収により血糖が上昇或いは他の機序により満腹中枢がはたらき食欲が抑えらえれます。このように、ごはんは空腹感を抑えおかずを減らすことになり肥満の防止とダイエットにつながり、さらに週3時間の運動を加えれば効果は大きく期待できます。
健康のための自己管理プロトコル

ページトップへ↑
個人情報保護方針について  | 採用情報 | 社員教育制度 | サイトマップ | お問い合せ