北海道安心ラベルについて

■北のクリーン農産物(YES!clean米)
化学合成農薬の使用成分回数が、うるち米(移植)で11回、うるち米(直播)で14回、もち米で11回以下で、 化学・有機物肥料の使用量等が独自の基準を果たしたお米。

YES!clean農産物表示制度
北海道クリーン農業推進協議会(農業団体、経済団体、流通団体、消費者団体、行政機関等)では、化学合成農薬、 化学・有機物肥料の使用等、一定の基準を満たした農産物にYES!cleanマークを表示し、詳しい栽培方法などをホームページ等で分かりやすくお知らせしています。

北海道クリーン農業推移協議会
http://www.yesclean.jp/

農薬節減栽培米使用 玄米2kg 北海道産ななつぼし(無洗米) 5kg
農薬節減栽培米使用 玄米2kg 農薬節減米
北海道産ななつぼし(無洗米) 5kg

 平成28年産ななつぼし減農薬米 3JA統一農薬基準 

1.基本農薬基準
〜H27年度からの変更点〜
@苗箱処理剤(ドロオイ剤)変更(キラップ→パディート箱粒剤、バズ顕粒水和剤)
A苗箱処理剤(ドロオイ・いもち同時剤)追加(ルーチンパンチ箱粒剤・ルーチンデュオ箱粒剤・スタウトパディート箱粒剤)
B除草剤変更(バッチリ→エーワン)

作業名 薬剤名 使用量 成分数 備考
種子消毒 温湯消毒 60℃/10分 どちらかを選択
エコホープDJ 200倍/24時間浸漬
苗箱
処理
播種時 イネドロオイムシ (新)パディート箱粒剤 中苗 1箱当り50g
成苗 1箱当り30g
使用時期を選択
して1回使用
播種時〜
移植当日
(新)バズ顆粒水和剤 中苗 1,000倍/1箱当り500ml
成苗 1,000倍/1箱当り300ml
いもち病 ルーチンフロアブル 中苗 75〜100倍/1箱当り500ml
成苗 75〜100倍/1箱当り300ml
どちらかを選択
スタウト顆粒水和剤 成苗 200倍/1箱当り300ml
イネドロオイムシ
いもち病
同時防除
(新)ルーチンパンチ箱粒剤 中苗 1箱当り50g
成苗 1箱当り30g
混合剤
いずれかを選択
(新)ルーチンデュオ箱粒剤
(新)スタウトパディート箱粒剤
除草剤 初期剤 ピラクロンフロアブル 500ml/10a 初期剤必要な場合
のみ使用
ピラクロン1キロ粒剤 1kg/10a
初中期一発剤 (新)エーワン1キロ粒剤 1kg/10a  
(新)エーワンフロアブル ※1 500ml/10a
(新)エーワンジャンボ 300g/10a
本田
基幹防除
いもち病 ※2 ビーム粒剤DL 3kg〜4kg/10a トレボンとの
混用も可能
ビームゾル(散布) 1,000倍/10a
ビームゾル(ヘリ用) 6〜8倍/10a
いもち病
カメムシ
同時防除
ビームトレボン粒剤5DL 3〜4kg/10a 混合剤
ビームエイトトレボンゾル(散布) 650倍/10a
ビームエイトトレボンゾル(ヘリ用) 5倍/10a
本田
防除2回目
カメムシ キラップ粒剤DL 3kg/10a 稲揃い期
(出稲から7〜10日後)
キラップフロアブル(散布) 1,000倍/10a
キラップフロアブル(ヘリ用) 8倍/10a
本田
追加防除
カメムシ ※3 キラップ粒剤DL 3kg/10a カメムシ多発時
キラップフロアブル(散布) 1,000倍/10a
キラップフロアブル(ヘリ用) 8倍/10a
成分数計 6〜9

※1 エーワンフロアブルは「水口専用剤」となっており、直接稲に接触すると白化薬害をおこしますので、 必ず水口処理もしくはラジコンボートでの散布をお願いいたします。
※2 新登録剤「バズ顆粒水和剤・パディート水和剤」は残効期間が長く、本田のカメムシ防除にも効果があるため、 本田1回目はいもち単剤のみ使用でよい。
※3 ななつぼしは割れ糊が多いためカメムシには留意願います。

2.本田防除で単剤を使用する場合(混合剤としての使用も可能)

作業名 薬剤名 使用量 成分数 備考
カメムシ トレボン乳剤 2,000倍/10a ビームとの
混用も可能
トレボン粒剤DL 3kg/10a
トレボンエアー(ヘリ用) 8倍/10a
トレボンスカイMC(ヘリ用) 16倍/10a
成分数計  

※注意 単剤をする場合は、混合剤のビームエイトトレボンゾルとビームトレボン粉剤は使用できません。

平成29年度 特別栽培米使用状況について
つや姫 宮城県産ササニシキ
特別栽培米 つや姫 特別栽培米 宮城県産ササニシキ
農林水産省新ガイドラインによる表示
特別栽培米
節減対象農薬    :当地比5割減
化学肥料(窒素成分):当地比5割減
 栽培責任者 みどりの農業協同組合 営農部 米穀課
  住 所  宮城県遠田郡美里町字素山町1番地
  連絡先  п@0229-87-3344
 確認責任者 みどりの農業協同組合 営農部 農産物検査センター
  住 所  宮城県遠田郡美里町字素山町1番地
  連絡先  п@0229-87-3344
 
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用  途 使用回数
ヒドロキシイソキサゾール 殺菌 1回
プロベナゾール 殺菌 1回
ピリミスルファン 除草 1回
フェノキサスルホン 除草 1回
ベンタゾン 除草 1回
クロラントラニリプロール 殺虫 1回
エチプロール 殺虫 2回
ページトップへ↑